「法務二部」へようこそ
kittykim@hiwayslaw.com
+86 139 1742 1790
  • English
  • 中文
  • 法令情報

    2024.4『消費者権益保護法実施条例』が2024年7月1日より施行

    インターネット経済の発展に伴い、消費者権益侵害行為に新しい変化が見られている。伝統的な消費分野では、虚偽宣伝、不公平なフォーマット条項、プリペイド消費による権利侵害などの問題が顕在化している。インターネットプラットフォーム分野では、価格差別、ビッグデータを利用した常連客いじめ、消費者の個人情報の過度収集、ライブコマースでの偽物の流通などの問題が注目を集めている…..

    もっと読む

     

    2024.3 改正後の『企業情報公示暫定条例』が2024年5月1日より施行

    2024年3月10日、国務院は『一部の行政法規の改正と廃止に関する国務院の決定』を公布し、その中で『企業情報公示暫定条例』(以下『新条例』という)の内容が一部改正された。そのポイントは以下の通りである…..

    もっと読む

     

    2024.2 『生産安全事故に関する過料・処罰規定』(2023改正)が2024年3月1日より施行

    『生産安全事故に関する過料・処罰規定(試行)』は2007年7月に公布・施行されて以来、2011年と2015年に2回の改正が行われた。2021年に『行政処罰法』と『安全生産法』を改正し、2022年に国務院は『行政裁量権基準の制定と管理を一層規範化することに関する意見』を公布…..

    もっと読む

     

    2024.1 改正後の『中華人民共和国会社法』が2024年7月1日より施行

    『会社法』は1993年12月29日に可決されて以来、何度も改正されてきた。2023年12月29日、第14期全国人民代表大会常務委員会第7回会議では、新たに改正された『会社法』(以下『新会社法』という)を採決し、2024年7月1日より施行される予定になっている。『新会社法』では会社の資本制度、株主の出資責任、小株主権益への保護、組織機構、会社決議の効力、会社登記などにおいて、現行の『会社法』と比較し、大きく改正を行っている……

    もっと読む

     

    2023.12『中華人民共和国特許法実施細則』が改正済み、2024120日より施行

    2020年に『特許法』が改正され、2022年2月5日に中国が世界知的所有権機関の『工業製品意匠国際登録ハーグ協定』への加入申請後、上述の変化に対応するために、国務院は2023年12月11日に『特許法実施細則』改正案を可決し、2024年1月20日より施行することになった……

    もっと読む

     

    2023.11『企業標準化促進弁法』が2024年1月1日から正式に施行

    近年、中国の行政機関が企業を対象に実施する監督管理は事前の監督管理から事後の監督管理に変わっている。企業標準化に対する監督管理も例外ではない。『企業標準化促進弁法』(以下『促進弁法』という)は2024年1月1日から施行され、『企業標準化管理弁法』に取って代わる……

    もっと読む

     

    2023.10『外国公文書の認証を不要とする条約』が2023年11月7日より中国で発効・施行

    外国籍人員、外国会社、渉外業務であれば、身分証明書、主体資格証明書、信用証明書、権属証明書などの外国公文書に関わることは避けられない。これまで長い間、外国の公文書を中国の関連行政管理部門……

    もっと読む

     

    2023.9『企業名称登記管理規定実施弁法』が2023年10月1日より施行

    2023年8月29日、国家市場監督管理総局は『企業名称登記管理規定実施弁法』(以下『新弁法』という)を公布し、2004年版を改正した。『新弁法』は10月1日から施行される。2021年3月1日から施行されているその上位法である『企業名登記管理規定』において……

    もっと読む

     

    2023.8『訴訟前調停における委託鑑定業務に関する最高人民法院の規程(試行)』が2023年8月1日に施行

    訴訟前の調停とは、『人民調停法』などの関連法律・法規に基づき、窓口である人民法院が、当事者双方が調停に同意したことを確認した場合、案件の調停を特別招請の人民調停員またはその他の調停組織に委任する形式を指す……

    もっと読む

     

    2023.7『知的財産権濫用による競争排除・制限行為禁止に関する規定』

    市場監督管理総局は先日、『知的財産権濫用による競争排除・制限行為禁止に関する規定』(以下『新規定』という)を公布し、2023年8月1日より施行する。『独占禁止法』の関連規定の一つである『新規定』は、19条だった『知的財産権濫用による競争排除・制限行為禁止に関する規定』(2020年版)(以下『旧規定』という)から……

    もっと読む

     

    2023.6 『広告監督管理分野における商習慣の際立った問題の逐一検査・管理実施の着実性に関する市場監督管理総局弁公庁の通知』が公布されました。注意しましょう

    最近、市場監督管理総局弁公庁は『広告監督管理分野における商習慣の際立った問題の逐一検査・管理実施の着実性に関する市場監督管理総局弁公庁の通知」(以下『通知』という)を配布した。……

    もっと読む

     

    2023.5『生態環境行政処罰弁法』が2023年7月1日より施行

    生態環境部は2023年5月8日に『生態環境行政処罰弁法』(以下『新弁法』という)を公布した。『新弁法』は2023年7月1日から施行される。『新弁法』が登場した背景には、2021年に改正された『行政処罰法』、及び10年余り施行されている『環境行政処罰弁法』(以下『旧弁法』では、新たな問題に適切に対処できないという現状がある……

    もっと読む

     

    2023.4『インターネット広告管理弁法』が2023年5月1日より施行

    2023年5月1日より、『インターネット広告管理弁法』(以下『新弁法』という)が、2016年9月1日より施行されていた『インターネット広告管理暫定弁法』(以下『旧弁法』という)に取って代わる。『旧弁法』と比べ、『新弁法』の変更点は以下の通りである……

    もっと読む

     

    2023.3『広告絶対的用語法律執行ガイドラン』が2023年2月25日より施行

    絶対的用語とは、通常、『広告法』第9条第3号に規定された状況を指し、「国家レベル」「最高級」、「最良」及びその意味と同一又は類似の他の用語を含む。絶対的用語に係る具体的な範囲及び明確な判断基準はないため、行政法律執行において、各地の市場監督部門によって、絶対的用語に対する認定と裁量は異なることが多い……

    もっと読む

     

    2023.2 長江デルタにおける従業員の賃金参考基準ができた!

    2022年12月20日、上海、江蘇、浙江の人力資源・社会保障部門は共同で『2022年長江デルタ一体化モデル区製造業企業市場賃金価格』を公布した。当該文書は『中華人民共和国職業分類大典(2015年版)」の……

    もっと読む

     

    2023.1『企業中長期外債審査登記管理弁法』が2023年2月10日より施行

    AI顔交換、画像の切り抜き、アフレコなど、既存の作品をディープフェイクする行為は読者の興味をひくが、その一方で、権利侵害のリスクを伴う。権利侵害リスクは主に、作品自体に対する著作権侵害、合成対象に対する名誉権侵害、ディープフェイク手段を利用した詐欺などが含まれる……

    もっと読む

     

    2022.12『インターネット情報サービス深層合成管理規定』が2023年1月10日より施行

    AI顔交換、画像の切り抜き、アフレコなど、既存の作品をディープフェイクする行為は読者の興味をひくが、その一方で、権利侵害のリスクを伴う。権利侵害リスクは主に、作品自体に対する著作権侵害、合成対象に対する名誉権侵害、ディープフェイク手段を利用した詐欺などが含まれる……

    もっと読む

     

    2022.11『女性権益保障法』第3回改正、2023年1月1日より施行

    『女性権益保障法』は1992年より施行され、2005年と2018年の2回の改正を経て、2022年10月30日に第3回改正案(以下『2022改正版』という)が可決され、2023年1月1日より施行されることとなった……

    もっと読む

    2022.10 『製造業を重点として外資の投資増加・既存投資の安定・投資の質の向上を促進することに関する若干政策措置』が2022年10月13日より施行

    外資導入拡大、外商投資規模安定、外資利用の質向上のために、国務院は最高人民法院、最高人民検察院、公安部、国家安全部、司法部、全国人民代表大会常務委員会法制業務委員会と共同で『製造業を重点として外資の投資増加・既存投資の安定・投資の質の向上を促進することに関する若干政策措置』(以下『外資促進措置』という)を公布し、2022年10月13日より施行されることになった。以下は当該文書のポイント/傾向を説明する……

    もっと読む

    2022.9『インターネットポップアップメッセージプッシュサービス管理規定』は2022年9月30日より施行

    インターネット情報弁公室は市場監督管理総局、工業・情報化部と共同で『インターネットポップアップメッセージプッシュサービス管理規定』(以下『ポップアップ規定』という)を公布し、各種のポップアップメッセージ、特に科学アルゴリズムに基づいたポップアップ広告について特別規定を行った……
    もっと読む

     

     

    2022.8『インターネットユーザーアカウント情報管理規定』は2022年8月1日より施行

    2022年4月、百度(バイドゥ)の掲示板、微博(ウェイボー)、ティックトック(tik tok)などのネットプラットフォームが相次いでIPアドレス表示欄を新設している。これによって、ベールが剥がされるように、インターネットユーザーの詳細が把握できるようになっている……
    もっと読む

    2022.7 「データ越境移転に関わるセキュリティ評価弁法」が2022年9月1日より実施

    『データ越境移転に関わるセキュリティ評価弁法』(以下『弁法』という)は2022年5月19日に公布されており、2022年9月1 日より施行される。外資企業の場合、海外の関連企業とデータに関わるやり取りを行うことが多いため、規定違反を避けるには、特に『弁法』の関連規定に注意を払わなければならない。以下は『弁法』のポイントを説明する……
    もっと読む

    2022.6『モバイルインターネットアプリケーション情報サービス管理規定』(改正版)が2022年8月1日より施行

    『ネットワークセキュリティー法』、『データセキュリティー法』、『個人情報保護法』などの公布につれて、2016年より施行された『モバイルインターネットアプリケーション情報サービス管理規定』……
    もっと読む

    2022.5人力資源・社会保障部などの部門が共同で優遇政策を公布

    2022年4月25日、人力資源・社会保障部、財政部、国家税務総局が共同で『失業保険・安心な職場づくり・技能向上・失業防止対策に関する通知』(人社部発〔2022〕23号、以下『通知』という)を公布した。『通知』には、企業に関わる優遇政策が多く含まれ、注目に値する……
    もっと読む

    2022.4『〈中華人民共和国民事訴訟法〉の適用に関する最高人民法院の解釈』の改正に関する最高人民法院の決定(2022)は2022年4月10日より施行

    20211224日『中華人民共和国民事訴訟法』改正案について、最高人民法院は202241日に『〈中華人民共和国民事訴訟法〉の適用に関する最高人民法院の解釈』(以下『民事訴訟法解釈2022版』という)を公布し、2022410日より施行することになった……
    もっと読む

    2022.3<中華人民共和国民法典>総則編の適用における若干問題に関する最高人民法院の解釈202231日より発効

    最高人民法院は2022224日に『<中華人民共和国民法典>総則編の適用における若干問題に関する最高人民法院の解釈』(法釈〔20226号)(以下『民法典総則編解釈』という)を公布し、202231日より施行することになった……
    もっと読む

    2022.2『国家知的財産権局知的財産権信用管理規定』が公布され、知的財産権信用喪失主体が「ブラックリスト」に組み込まれる

    2022年1月24日、『国家知的財産権局知的財産権信用管理規定』(以下『規定』という)が公布されており、当日より施行されることになった……
    もっと読む

    2022.1『サイバーセキュリティ審査弁法』が2022215日より施行

    『データセキュリティ法』、『重要情報インフラセキュリティ保護条例』の公布に際し、元『サイバーセキュリティ審査弁法』(2020年6月1日施行、以下『2020弁法』という)における「セキュリティ審査」に関する規定と新しく交付される法令・条例を如何に結びつけるのかが課題となる……
    もっと読む

    2021.12 『人民法院持分強制執行の若干問題に関する最高人民法院の規定』が202211日より施行

    持分執行の基準を統一し、持分執行における問題点や困難を解決するため、『人民法院持分強制執行の若干問題に関する最高人民法院の規定』(法释〔2021〕20号、以下『持分執行規定』という)が、最高人民法院により2021年12月20日に公布され、2022年1月1日より施行する……
    もっと読む

    2021.11『中華人民共和国人口・計画生育法(2021改正)』の影響——各地では「育児休暇」を相次いで公布

    2021年8月20日より施行されている『中華人民共和国人口・計画生育法(2021改正)』第25条では、「国は、条件を満たす地方に育児休暇の導入を支持する。」と規定している……
    もっと読む

    2021.10 国家知的財産権局が2021109日に『特許法における特許の虚偽表示及び広告法における特許違法関連条項の適用に関する返答』を公布

    ハイテクノロジーは多くの商品のセールスポイントと看做され、商品包装又は広告において特許を宣伝の重点とする企業は少なくない。不当表示にあたる場合は、特許権侵害及び/又は虚偽宣伝と疑われる。この場合に、『特許法』による規制を受けるか、それとも『広告法』による規制を受けるかが問題となる……
    もっと読む

    2021.09 信用喪失企業が如何に信用の修復を申請するか?市場監督管理総局の新規定が202191日より施行

    違法行為により信用を喪失した企業がより多くの機会を獲得して自主的に過ちを正し、信用を再構築でき、これによって信義誠実、法律遵守の意識を高めるために、市場監督管理総局は『重大違法・信用喪失企業名簿管理弁法』、『市場監督管理における行政処分情報公示規定』、『市場監督管理における信用修復管理弁法』を公布し、2021年9月1日より施行する……
    もっと読む

    2021.08『個人情報保護法』は2021年11月1日より施行

    10年にわたり数回の改正を経て、広範な関心を集めた『個人情報保護法』は公布され、2021年11月1日より施行される……
    もっと読む

    2021.07『行政処罰法』が2021年7月15日より施行

    中華人民共和国第13期全国人民代表大会常務委員会第25回会議では2021年1月22日に『行政処罰法』改正案(以下『2021改正版』という)を可決した。改正後の『行政処罰法』は2021年7月15日より施行されている。今回の改正内容は多くあり、企業が特に注意を払うべきポイントは以下の通りである……
    もっと読む

    2021.06『データセキュリティー法』が2021年9月1日より施行

    2021年6月10日、第13期全国人民代表大会常務委員会第29回会議では『データセキュリティー法』が可決され、2021年9月1日より施行されることになった。『データセキュリティー法』はデータ分野の基礎的な法律であり……
    もっと読む

    2021.05『民法典の貫徹実施に関する全国裁判所の会議紀要』(法【2021】94号)が2021年4月6日より施行

    2021年1月1日『民法典』の施行に伴い、当初の『民法通則』、『契約法』関連の司法解釈は廃止になったが、新しい司法解釈はまだ公布されていないので、実務上の問題を解決するために統一的な規則を制定することが急務である。これに鑑み……
    もっと読む

    2021.04『一般的なモバイルインターネットアプリケーションに必要な個人情報範囲の規定』が2021年5月1日より施行

    2021年3月12日、国家インターネット情報弁公室秘書局、工業・情報化部弁公庁、公安部弁公庁、国家市場監督管理総局弁公庁は共同で『一般的なモバイルインターネットアプリケーションに必要な個人情報範囲の規定』(以下『規定』という)を公布し、「モバイルインターネットアプリケーション(App)の運営者は……
    もっと読む

    2021.03『知的財産権侵害民事案件の審理における懲罰的賠償の適用に関する最高人民法院の解釈』が2021年3月3日より施行

    近年、改正『商標法』、『著作権法』、『特許法』ではいずれも、懲罰的賠償関連条項を盛り込んで、法定賠償額の上限を引き上げたが、懲罰的賠償の適用条件及び考慮要素を明確にしていない……
    もっと読む

    2021.02『上海市知的財産権保護条例』が2021年3月1日より施行

    『上海市知的財産権保護条例』(以下『条例』という)は2020年12月30日に可決され、2021年3月1日より施行される。『条例』のポイントは以下の通りである……
    もっと読む

    2021.01『企業名称登記管理規定』が改正され、2021年3月1日より施行

    企業名(注:商号)は経営主体を識別する大切な要素である。経済の発展につれて、経営主体も増加し、規範化した企業名は市場・経済の秩序を維持するのに役立つ……
    もっと読む

    2020.12『著作権法』が2021年6月1日より施行

    2020年11月11日、第13期全国人民代表大会常務委員会第23回会議では著作権法の改正に関する決定を可決した。改正後の『著作権法』は2021年6月1日施行される。企業が関心を持つポイントは下記のものだろう……
    もっと読む

    2020.11『輸出管制法』が2020年12月1日より施行

    国家安全及び利益のために、多くの国は輸出入の関連規定を制定した。中国は1994年に『対外貿易法』を公布し、貨物、技術輸出入に対して原則的な規定を行った。1997年より、中国は相次いで軍事品の輸出、デュアルユース品目・技術、技術輸出入などを規制するための部門規則を公布した……
    もっと読む

    2020.10『営業秘密侵害の民事案件の審理における法律適用の若干問題に関する最高人民法院の規定』が2020年9月12日より施行

    2020年9月10日、最高人民法院は『営業秘密侵害の民事案件の審理における法律適用の若干問題に関する最高人民法院の規定』(以下『規定』という)を公布し、『不正当競争民事案件の審理における法律応用の若干問題に関する最高人民法院の解釈』(以下『2007年司法解釈』という)における営業秘密の関連規定に取って代わった……
    もっと読む

    2020.09『外商投資企業苦情処理業務弁法』が2020年10月1日より施行

    『外商投資法』第26条では、「中国は外商投資企業の苦情申立体制を構築する。」ことを定めた。『外商投資法実施条例』第29条では、「国務院商務主管部門、県レベル以上の地方人民政府が指定する部門もしくは機構は……
    もっと読む

    2020.08 『特許詐称行為摘発及び特許標識表示非規範事件処理ガイドライン』は2020年7月13日より施行

    国家知的財産権局は1999年1月に『特許管理機関による特許詐称行為摘発規定』を公布したものの、2002年4月27日にそれを廃止した。それからおよそ18年の期間が経過し……
    もっと読む

    2020.07  『商標権侵害判断基準』が2020年6月15日より施行

    『商標法』における商標専用権の規定が比較的原則的なものであるため、法律執行部門は個別案件に対して商標権侵害を判断するときに基準が一致しないことが多い。そのため、国家知的財産局……
    もっと読む

    2020.06 『ネットワーク安全審査弁法』が 202061日より施行効

    『ネットワーク製品サービス安全審査弁法』は2017年より施行されてから、実務上の諸問題が顕在化している。例えば、ネットワーク安全審査を行う主要な義務者はネットワーク製品サービスの提供者であると規定されたが……
    もっと読む

    2020.05『公平競争審査業務の一層推進に関する通知』が202059日に発効

    国務院が2016年に『市場体系建設における公平競争審査制度の設立に関する国務院の意見』(国発〔2016〕34号、以下『意見』という)を公布した。『意見』の施行に伴い……
    もっと読む

    2020.04『民事訴訟手続繁簡分流改革試点問答意見(一)』が2020年4月15日より施行

    『一部の地域における民事訴訟手続繁簡分流改革試点業務の権限を最高人民法院に授けることに関する全国人民代表大会常務委員会の決定』によると、2019年12月29日より、2年を期間とする民事訴訟手続繁簡分流改革試点業務の幕が開かれた。試点……
    もっと読む

    2020.03『民事訴訟証拠に関する最高人民法院の若干規定』改正案が202051日より施行

    『民事訴訟証拠に関する最高人民法院の若干規定』は施行から20年近くなる。司法実務にでの新しく出てくる状況、例えば、当事者が証拠規則を悪意に利用する、又は鑑定や電子データなどの普及などについて、有効に対処できないところも多い。そのために、『民事訴……
    もっと読む

    2020.02『暗号法』が2020年1月1日より施行

    暗号は情報ネットワークのセキュリティを保障するコア技術と基幹であり、国家の政治、経済、国防、情報のセキュリティに直接係る重要なものである。長期に亘り、中国では暗号に関する法的根拠は……
    もっと読む

    2020.01 『中華人民共和国外商投資法実施条例』は2020年1月1日より施行

    2019年3月15日に公布された『外商投資法』が2020年1月1日より施行されている。『外商投資法』と密接な関係がある『外商投資法実施条例』(以下『実施条例』という)は2019年12月31日に公布され、翌日より施行されている。『実施条例』……
    もっと読む

    2019.12 最高人民法院『全国法院民商事審判工作会議紀要』が2019年11月8日に公布された

    最高人民法院は2019年11月8日に『全国法院民商事審判工作会議紀要』(法〔2019〕254号、以下『会議紀要』という)を公布した。『会議紀要』の内容は、会社、契約、担当、破産などに係る9種の紛争案件の重点に対する認定規則……
    もっと読む

    2019.11 『商標登録出願行為の規範化に関する若干規定』が2019年12月1日より施行される

    2019年4月に新たに改正された『商標法』における「悪意の商標出願」の関連規定を実行するために、国家市場監督管理総局は『商標登録出願行為の規範化に関する若干規定』(以下『規定』という)を公布し……
    もっと読む


    2019.10 『特許審査指南』(2019年改正版)が2019年11月1日より施行

    2019年9月23日、『特許審査指南』改正決定に関する公告は国家知的財産権局が公布し、2019年11月1日より施行される。『特許審査指南』(2019版)では、グラフィックユーザーインターフェース……
    もっと読む

    2019.9 『工業インターネットセキュリティ強化に関する指導意見』が2019年7月26日に公布

    近年、産業スマート化の産物である工業インターネットの急速な発達に伴い、人、コンピューター、物の間には密接な関係が構築されるようになっている。工業インターネットの運営において、データ・情報の収集……
    もっと読む


    2019.8 『本市における多国籍企業地域本部の発展を促進することに関する上海市人民政府の若干意見』

    上海は2002年に、多国籍企業地域本部の設立を激励する旨の暫定規定を公布してから、数年おきに多国籍企業地域本部の管理政策を更新している。最近、外資誘致及び外資の有効活用を促進するために、上海市人民……
    もっと読む


    2019.7 『独占協議禁止暫定規定』は2019年9月1日より施行

    長期に亘って、独占行為に対する規制は、市場監督管理総局や発展・改革委員会や商務部など複数の部門による多重管理の問題が存在していた。2011年元国家工商総局が公布した『独占協議の禁止……
    もっと読む


    2019.6 『〈中華人民共和国公司法〉の適用の若干問題に関する最高人民法院の規定(五)』が2019年4月29日より施行

    株主権益保護の関連規定がないので、関連案件の審理において、裁判所によって基準が一致しないことが多い。2019年4月22日、最高人民法院審判委員会第1766回会議で、『〈中華人民共和国公司法〉の適用の若干問題……
    もっと読む


    2019.5 『中華人民共和国商標法』改正案が可決され、2019年11月1日より施行

    2019年4月23日、第13期全国人民代表大会常務委員会では、『商標法』改正案を可決した。改正後の『商標法』は2019年11月1日より施行される。『商標法』改正のポイントは以下の3つが挙……
    もっと読む


    2019.4 『<中華人民共和国企業破産法>適用の若干問題に関する最高人民法院の規定(三)』は2019年3月28日より施行

    司法実務において、人民法院は企業破産案件を審理するにあたり、債権者の権利行使などにおける法律の適用については、意見のバラつきがある。2019年2月25日、最高人民法院審判委員会……
    もっと読む


    2019.3 『中華人民共和国外商投資法』が2020年1月1日より施行

    2019年3月15日、第十三期全国人民代表大会第二回会議では、『中華人民共和国外商投資法』(以下『外商投資法』という)を可決した。『外商投資法』は2020年1月1日より施行され……
    もっと読む

    2019.2 『内地と香港特別行政区の裁判所による民商事案件判決の相互承認?相互執行に関する取極

    渉外民商事活動の当事者が香港を司法管轄地とするケースはよく見られる。2018年までに、中国大陸と香港は下記のことに合意した……
    もっと読む


    2019.1 国家市場監督管理総局等五つの部門が連名で『企業抹消便利化の推進に関する通知』を公布し

    企業の抹消は市場監督管理機関、税務機関、社会保険機関、商務機関、税関など多くの政府部門に係り、かつ互いに影響し合うので、手続を行うにあたり、企業はどこで手を打つか分か……
    もっと読む

    2018.12 『知的財産権をめぐる紛争での行為保全案件の審査における法律適用の若干問題に関する最高人民法院の規定』は2019年1月1日より施行

    知的財産の権利者は訴訟で勝訴したとしても、競争優位性を失い、又は営業秘密情報が漏れたなどの場合、物権のように「原状回復」にならない。そのため、最近、最高人民法院は『知的財産……
    もっと読む

    2018.11 『専利等の知的財産権案件の訴訟手続に係る若干問題に関する全国人民代表大会常務委員会の決定』

    専利(注:特許、実用新案、意匠の総称である)などの知的財産権案件は専門的?技術的な知識と緊密につながるので、知的財産権案件の裁判基準をさらに統一するために……
    もっと読む

    2018.10 『公安機関によるインターネット安全監督検査の規定』は2018年11月1日より施行

    近年、インターネット安全の立法及び法律執行は強化されつつある。最近、公安部は『公安機関によるインターネット安全監督検査の規定』(以下『規定』という)を公布した。当該『規定』は2018年11月1日より施行される……
    もっと読む


    2018.9 『電子商取引法』は2019年1月1日より施行

    電子商取引分野で基礎となる法律–『電子商取引法』は、2018年8月31日に公布され、2019年1月1日より施行される。当該法律は電子商取引事業者の事業運営における義務……
    もっと読む

    2018.8 『<中華人民共和国民法総則>の訴訟時効制度の適用における若干問題に関する最高人民法

    2017年10月1日より施行されている『民法総則』における訴訟時効の関連規定と『民法通則』における関連規定をどのように関係付けるかはずっと不明確である。最近、最高人民法院は……
    もっと読む

    2018.7 上海第一中級裁判所が2018年7月17日に初めての競業制限紛争案件審判白書を公布した

    2018年7月5日、上海市第一中級人民法院は初めての『競業制限紛争案件審判白書』(以下『白書』という)を公布した。『白書』では、5件の典型案例を挙げて、5つの面で競業制限案件の判断基……
    もっと読む

    2018.6 『全面的に生態環境保護を強化し、汚染防止対策の堅塁攻略戦を断固として成し遂げることに関

    中国共産党中央委員会、国務院は2018年6月24日に『全面的に生態環境保護を強化し、汚染防止対策の堅塁攻略戦を断固として成し遂げることに関する中国共産党中央委員会、国務院の意見』……
    もっと読む

    2018.5 『民商事事件の審理期限延長と開廷延期の問題の厳格な規範化に関する最高人民法院の規定』が2018年4月2

    『民事訴訟法』では審理期限、開廷延期などについて明文化しているにもかかわらず、司法実務において、審理期限の延長、開廷延期などは多発している。そのような傾向を……
    もっと読む

    2018.4 『不動産登記資料照会暫定弁法』が2018年3月2日より施行

    不動産登記資料の照会は、従来当事者が手を焼くことが多い。『不動産登記暫定条例』、『不動産登記暫定条例実施細則』では、利害関係人も不動産登記資料の照会を申……
    もっと読む

    2018.3 『情報セキュリティ技術個人情報安全規範』は2018年5月1日より施行

    中国国家標準化管理委員会は『情報セキュリティ技術個人情報安全規範』(GB/T 35273-2017、以下『規範』という)を公布し、2018年5月1日より施行……
    もっと読む

    2018.2 『汚染物質排出許可管理弁法(試行)』は2018年1月10日より施行

    改正後の『環境保護法』が2015年初に施行されてから、国では関連法律規定を公布している。汚染物質排出の許可について、2016年11月に国務院弁公庁は『汚染物質排出制御許可……
    もっと読む

    2018.1 『公安機関の経済犯罪案件処理に関する最高人民検察院、公安部の若干規定』は2018年1月1日

    2006年の『経済犯罪案件の処理に関する公安機関の若干規定』(以下『旧規定』という)は経済犯罪案件に係る管轄、立件、立件中止、強制措置、公安機関間の協力規則などにおいて重……
    もっと読む

    2017.12 2017年11月19日より『増値税暫定条例』改正版は『営業税暫定条例』に取って代わった

    数年間の「営業税から増値税への移行」を経て、2017年11月19日より、中国では営業税を全面的に取り消した。『増値税暫定条例』改正版では、増値税の適用範囲を拡大するとともに、以……
    もっと読む

    2017.11 『公平競争審査制度実施細則(暫定)』は2017年10月23日より施行

    近年、中国は市場競争の規範化を強化しつつある。法令?政策において、国務院が2016年に公布した『市場体系の構築中に公平競争審査制度を築くことに関する意見』では多方面で競争を規範化する傾向を示し……
    もっと読む

    2017.10 『外商投資企業知的財産権保護行動方案』が2017年9月18日に公布

    中国公安部、最高人民法院、最高人民検察院、国家知的財産権局等の12部門が連名で『外商投資企業知的財産権保護行動方案』(以下『行動方案』という)を配布し、2017年9月から12月に全国において外商投資企業の知的財……
    もっと読む

    2017.9 『労働災害保険待遇の調整及び確定メカニズムに関する人力資源?社会保障部の指導意見』が公布

    人力資源・社会保障部は2017年7月28日に『労働災害保険待遇の調整及び確定メカニズムに関する人力資源・社会保障部の指導意見』(人社部発〔2017〕58号、以下『58号文書』という)を公布し……
    もっと読む

    2017.8 工商総局『企業名称使用禁止/制限規則』及び『企業名称同一/近似の比較対照規則』が2017年

    企業の数が激増するにつれて、高級ブランドの知名度にただ乗りするなど不正競争行為が多発していることに鑑み、国家工商総局は『企業名称使用禁止/制限規則』、『企業名称同一/近似の比較対照規則』の配布に関する通知(工商企注字〔2017〕133号)……
    もっと読む

    2017.7 『専利優先審査管理弁法』が2017年8月1日より施行

    2017年6月28日、国家知的財産権局は『専利優先審査管理弁法』((2017)第76号令、以下『新弁法』という)を公布し、2017年8月1日より施行することになっている(注:専利=発明特許+実用新案+意匠)。……
    もっと読む

    2017.6 『労働人事争議仲裁事件処理規則』が2017年7月1日より施行

    新情勢下における労働仲裁事件の紛争を解決するために、人力資源?社会保障部は『労働人事争議仲裁事件処理規則』を改正した。2009年の『労働人事争議仲
    もっと読む

    2017.6 中国における個人情報の保護に関する法律規制の最新動向と実務対応

    「聞くところによると、電話勧誘販売すれば投獄されるおそれがあるぞ。」、「本来は、従業員の休暇申請及び賃金調べなどに便宜を図るためにア……
    もっと読む

    2017.5 『特別納税調査調整及び相互協議手続に関する管理弁法』が2017年5月1日より施行

    2009年国家税務総局が『特別納税調整実施弁法(試行)』を公布した後、関連取引を一層規範化し、国際税収政策と統合するために、国家税務総局は細分化した規定を続々と公布した。最近,国家税務総局は『特別納税調査調整及び相互協議手続管理弁法』……
    もっと読む

    2017.4 『労働人事争議の調停/仲裁を強化し、多元化処理メカニズムを完備することに関する意見』が

    人力資源/社会保障部、中央社会治安総合治理委員会弁公室、最高人民法院、司法部、財政部、中華全国総工会、中華全国工商業連合会/中国企業連合会/中国企業家協会らが、『労働人事争議の調停/仲裁を強化し、多元化……
    もっと読む

    2017.3 『本土と香港特別行政区における裁判所の民商事事件証拠取得相互依頼の手配について』が2017

    中国本土と香港の間で経済貿易の提携が相次ぎ、両地とも係わっている案件が多い一方で、外国企業が本土企業との取引紛争の管轄について香港と約定することも少なくないため、本土と香港間における訴訟に関……
    もっと読む

    2017.2 『インターネット上で購入した商品の7日間無理由返品暫定弁法』が2017年3月15日より施行

    ネットショップ通販の規範化及び消費者権益の保護を一層推進するために、国家工商総局は『インターネット上で購入した商品の7日間無理由返品暫定弁法』(以下『弁法』という)を公布し、『消費者権益保護法』第25条で規定……
    もっと読む

    2017.1 『最高人民法院による商標の権利付与・権利確定に係る行政案件の審理の若干問題に関する規定』が2017年3月1日より施行

    近年商標の権利付与・権利確定に係る案件から浮き出る各問題を解決し、司法基準を統一させるために、最高人民法院は、『最高人民法院による商標の権利付与・権利確定に係る行政案件の審理の若干問題に関する意見』(2010年公布、以下『意見』という)……
    もっと読む

    2016.12 『最高人民法院による独立保証状紛争案件の審理の若干問題に関する規定』が2016年12月1日より施行

    商業取引における担保の利用が頻繁になるにつれて、関連の紛争も日増しに増えている。案件の審理において『担保法』及び国際商会『請求払保証に関する統一規則』などの法律、国際的規則があるにもかかわらず、司法実務において……
    もっと読む

    2016.11    『人民法院の財産保全事件の処理における若干問題に関する最高人民法院の規定』が2016年12月1日より施行

    近年、裁判所は「老頼」(金銭的な余裕があるにもかかわらず悪意をもって債務を返済しない者を指す)の問題を解決するために、「老頼」情報公示制度、「高額消費制限命令」な……
    もっと読む

    2016.10 『国家税務総局による移転価格の事前確認制度の改善事項に関する公告』が2016年12月1日より施行

    最近、国家税務総局は『国家税務総局による移転価格の事前確認制度の改善事項に関する公告』を公布し、『国家税務総局による<特別納税調整実施弁法(試行)>の配布に関する通知』(国税発〔2009〕2号)に記載されて……
    もっと読む

    2016.9 『上海市企業賃金支払弁法』(2016年改正)が2016年8月1日より施行

    『賃金支払暫定規定』(労部発[1994]489号)、『労働部による<賃金支払暫定規定>の関連問題に関する補足規定』(労部発[1995]226号)等では、賃金支払について原則的な規定を制定し、各地方ではそれぞれの地方性規定を制……
    もっと読む

    2016.8 『企業労働保障法令遵守・信義誠実等級評価弁法』が2017年1月1日より施行

    この8年以来、『労働契約法』、『社会保険法』、『労務派遣暫定規定』が相次ぎ施行され、『企業従業員賞罰条例』が既に廃止されたことにつれて、中国の労務管理に深刻な変化が発生し……
    もっと読む

    2016.7 『動産抵当登記管理弁法』が 2016 年 9 月 1 日より施行

    近年、資金融通及び商品流通のニーズが日増しに増えるにつれて、動産抵当に係る紛争も増えている。最近、担保債権を一層有效に保障させるために、国家工商行政管理総局は『動産抵当登記管理弁法』を改正した。そのキーポイントは下記のとおりで……
    もっと読む

    2016.6 改正後の『生産安全事故応急対策案管理弁法』が2016年7月1日より施行

    天津港爆発事件、昆山工場爆発事件等の生産安全事故の影響を受け、国家安全生産監督管理総局は最近、改正後の『生産安全事故応急対策案管理弁法』(以下「新『管理弁法』」という)を公布した。2009年の『生産安全事故応急対策案管理弁法』(以下「旧『管理……
    もっと読む

    2016.5 『特許権侵害行為判断手引(試行)』が2016年5月5日より施行

    2013年に『特許権侵害行為判断手引(試行)』の意見募集稿は公布されたが、それがカバーする範囲が大きすぎるため、結局棚上げになった。2014年7月、国家知的財産権局は『特許権侵害・特許虚偽表示判断手引(試行)』を公布した。その後、3年……
    もっと読む

    2016.4 『最高人民法院、最高人民検察院による汚職贈収賄刑事案件の処理における法律適用の若干問題に関する解釈』は2016年4月18日から施行

    2015年11月1日から施行されている『刑法改正案(九)』では、汚職贈収賄犯罪の断罪量刑基準について、金額基準を取り消し、「金額が比較的大きい」、「金額が莫大」、「金額が非常に莫大」の三つを規定しているだけで、その他の情状をも総合的に考慮する傾……
    もっと読む

    2016.3 最高裁判所『<物権法>の適用の若干問題に関する解釈(一)』は2016年3月1日より施行

    『物権法』の施行からおよそ10年が経過した。最近、最高裁判所は『<物権法>の適用若干問題に関する解釈(一)』(以下『物権法解释(一)』という)を公布し、実務において紛争が多発する不動産登記、共有財産分与、善意取得等について詳細に規定し……
    もっと読む

    2016.2 『中華人民共和国家庭内暴力防止法』が2016年3月1日から施行

    中国初の『家庭内暴力防止法』は2016年3月1日から施行される。当該法律には、家庭内暴力の定義を明確にし、「家庭構成員による殴打、縛り、傷つけ、自由の制限、日常的罵り、恐喝などの方法により肉体的、精神的な侵害行為」は全て家庭内暴力に該当すると……
    もっと読む

    2016.1 『知的財産権資産評価指南』は2016年7月1日より施行

    国務院が2015年12月に『新形勢における知的財産権強国建設の加速に関する若干意見』を配布した直後、中国資産評価協会は2015年12月31日に『知的財産権資産評価指南』(以下『指南』という)を公布し、2016年7月1日より施行され……
    もっと読む

    2015.12 『中華人民共和国専利法改正草案(審査提出稿)』の意見募集

    2015年12月2日、国務院法制事務室が『中華人民共和国専利法改正草案(審査提出稿)』(以下『改正草案』という)を公布し、意見を募集している(付注:専利=特許+実用新案+意匠)。『改正草案』では、実質的な改正に係わる条文は計33条、その内18……
    もっと読む

    2015.11 『研究開発費用の税引前追加控除関連政策の完備化に関する通知』が2016年1月1日より施行

    国内研究開発を奨励するために、最近、財政部、国家税務総局、科技部が連名で『研究開発費用の税引前追加控除関連政策の完備化に関する通知』(財税〔2015〕119号、以下「119号文書」という)を公布し、国税発[2008]116号及び財税〔2013〕70号(以下「旧……
    もっと読む

    2015.10 『企業経営範囲登記管理規定』が2015年10月1日より施行されている

    『企業経営範囲登記管理規定』(以下、改正案という)は、11年ぶりに国家工商総局により改正され、2015年10月1日より施行されている。今回の改正は,企業の自主権を強化し、「参入に厳格、管理に寛容」から「参入に寛容、管理に厳格……
    もっと読む

    2015.9 『中華人民共和国科技成果転化促進法』改正案は2015年10月1日より施行

    2015年8月29日、全国人民代表大会常務委員会が『科技成果転化促進法』改正案(以下、改正案という)を可決し、10月1日より施行される。改正案の下記規定に注意を払う必要があると思わ……
    もっと読む

    2015.8 『最高人民裁判所による民間貸借案件の審理における法律の適用に係る若干の問題に関する規定』が9月1日より施行

    かつての『貸付通則』などの規定では、民間貸借、特に企業間貸借の法律效力は議論の余地がある。資金調達ニーズに応じて、民間貸借を規範化するため、最高人民法院は、『最高人民裁判所による民間貸借案件の審理における法律の適用に係る若……
    もっと読む

    2015.7 『国家税務総局によるコスト分担協議管理の規範化に関する公告』が2015年7月16日より施行

    最近、国家税務総局は『国家税務総局によるコスト分担協議管理の規範化に関する公告』(以下『公告』という)を公布し、2015年7月16日より施行されている。2009年『特別納税調整実施弁法(試行)』(国税発〔2009〕2号)で規定されたコスト分担……
    もっと読む

    2015.6 最高裁判所による『〈案例指導工作に関する規定〉の実施細則』が施行

    最高裁判所は2015年5月13日に『〈案例指導工作に関する規定〉の実施細則』(法〔2015〕130号、以下「130号文書」という)を公布した。130号文書の公布は、最高裁判所の指導性裁判例の位置付けが上がってきて、「準判例」になることを示……
    もっと読む

    2015.5 『最高裁判所による裁判所の執行異議/再審査案件の処理の若干問題に関する規定』5月5日から

    最高裁判所は最近『裁判所の執行異議?再審査案件の処理の若干問題に関する規定』を公布し、執行異議?再審査案件の手続事項について規定を行うとともに、大きな関心を集める実務上の問題の処理規則を明確にした。そ……
    もっと読む

    2015.4 国家工商行政管理総局『知的財産権濫用による競争排除・制限行為の禁止に関する規定』は2015年8月1日より施行

    知的財産権濫用による競争排除・制限行為は、近年注目を集める問題となっている。当該行為は知的財産権保護の立法趣旨に背き、独占など多くの問題を引き起こした。これを踏まえ、2015年4月7日に国家工商行政管理総局は『知的財産権濫用による競……
    もっと読む

    2015.3 『最高人民法院による民事審判監督手続における指令再審及び差し戻し再審の法による厳格適用に伴う若干問題に関する規定』が2015年3月15日より施行

    民事再審請求事件に基づく再審の種類は、提審(付注:再審を裁定する上級裁判所が審理することを指す)、指令再審(付注:再審を裁定する上級裁判所の指定する下級裁判所が審理することを指す)、差し戻し再審を含む。2008年最高裁判所『〈中華人民共和……
    もっと読む

    2015.2 『最高人民法院による「最高人民法院による特許紛争案件審理の法律適用問題に関する若干規定」に関する改正の決定』が2015年2月1日より施行

    『最高人民法院による「最高人民法院による特許紛争案件審理の法律適用問題に関する若干規定」に関する改正の決定」(以下『決定』という)は、現行の特許法及びその司法解釈に合致するために公布されたもので、主に特許権評価報告書(付注:技術……
    もっと読む

    2015.1 『一般租税回避防止管理弁法(試行)』は2015年2月1日より施行

    国家税務総局は最近『一般租税回避防止管理弁法(試行)』(以下『弁法』という)を公布し、『企業所得税法』及びその実施細則、『特別納税調整実施弁法(試行)』における一般租税回避防止の関連規定を全面的に細分化した。その主な内容は下記の通り……
    もっと読む

    2014.12 『固定資産の加速減価償却に係る租税政策に関連する問題に関わる国家税務総局の公告』が施行

    経済モデルの転換及び企業の発展において企業資金繰りの困難を有効に緩和させるために、国家税務総局は最近『固定資産の加速減価償却に係る租税政策に関連する問題に関わる国家税務総局の公告』(以下『公告』という)を公布し、そ……
    もっと読む

    2014.11 中国北京、上海、広州に知的財産裁判所を設立し、それぞれの事件管轄範囲を明確に

    2014年8月31日第12届全国人民代表大会常務委員会第10回会議で『全国人民代表大会常務委員会による北京、上海、広州における知的財産裁判所設立に関する決定』(以下『決定』という)を可決し、北京、上海、広州において知的財産裁判所法院……
    もっと読む

    2014.10 最高裁判所による『情報ネットワークを利用して人身権益を侵害する民事紛争案件の審理における法律の適用に係る若干問題に関する規定』が10月9日に公布

    個人情報などに対する法的保護を強化するため、最高裁判所は『情報ネットトワークを利用して人身権益を侵害する民事紛争案件の審理における法律の適用に係る若干問題に関する規定』(以下『規定』という)を公布し、情報ネットトワ……
    もっと読む

    2014.9 『労災保険行政案件の審理に係わる若干問題に関する最高人民法院の規定』が9月1日より施行

    新しく公布された『労災保険行政案件の審理に係わる若干問題に関する最高人民法院の規定』(以下『規定』という)は、『労災保険条例』の施行に伴い、実務において浮き彫りにされた問題を取りまとめた上……
    もっと読む

    2014.8 『執行プロセス中の履行遅延期間における債務利息計算の法律適用の若干問題に関する解釈』は2014年8月1日から施行

    遅延利息(遅延損害金)は、『民事訴訟法』で規定される執行措置として、債務者が適時に義務を履行し、債権者の損失を填補することを旨とする。『民事訴訟法』の関連規定が原則的であるため、最高人民法院は『執行プロセス中の履行遅延……
    もっと読む

    2014.7 国家工商総局による『知的財産権濫用による競争排除、制限行為の禁止に関する規定』の意見募集が完了

    華為会社と米国インタラクティブデジタル会社(IDC)との標準必要特許紛争をはじめ、高通会社が市場支配的な地位を濫用し、差別的に特許料を受け取ることに対して国家発展改革委員会が調査を行ったこと等から、近年、知的財産権分野……
    もっと読む

    2014.6 『環境保護法』(改正案)が2014年4月24日に公布、2015年1月1日から施行予定

    25年ぶりに、『環境保護法』 (改正案)(以下『新法』という)が、公布された。新法では、中国環境分野の総合的な基本法として、現行の『環境保護法』と比べ、大きく変更されている。全体的に言えば、環境の監督者……
    もっと読む

    2014.5 『商標法実施条例』が2014年5月1日より施行

    『商標法』の改正に伴い、国務院は2014年4月29日に改定された『商標法実施条例』(以下「新条例」という)を公布した。新条例の主な改正点は以下のとおりである。新登録対象の形式的要件の明確化。例えば、音声商標について、出願者は音声……
    もっと読む

    2014.4 『著名商標の認定と保護に関する規定』(改正意見募集稿)が発表され、2014年6月に公布の見込み

    国家工商総局が2014年4月14日に『著名商標の認定と保護に関する規定』(改正意見募集稿)(以下、「意見募集稿」という)を発表し、2003年の『著名商標の認定と保護に関する規定』(以下、「元規定」という)について改正を行った。その主な……
    もっと読む

    2014.3 『最高人民法院によるファイナンスリース契約紛争案件の審理の法律適用問題に関する解釈』が2014年3月1日より施行された

    ファイナンスリース業務が急速に発展している一方、『最高人民法院によるファイナンスリース契約紛争案件の審理の若干問題に関する規定』(法発〔1996〕19号)は時代遅れだと思われていた。今回公布された『最高人民法院によ……
    もっと読む

    2014.2 『労務派遣暫定規定』が公布され、3月により施行される

    広く注目された『労務派遣暫定規定』(以下では、『暫定規定』という)が、ついに公布され、2014年3月1日により施行される。『暫定規定』に定められる以下の四つの規定は、雇用者に対して深刻な影響を与えそう……
    もっと読む

    2014.1 『最高人民法院による食品・薬品紛争事件審理の法律適用の若干問題に関する規定』の公布

    2013年12月23日に公布された『最高人民法院による食品・薬品紛争事件審理の法律適用の若干問題に関する規定』(以下『規定』という)は2014年3月15日より施行される。『規定』では、食品・薬品紛争……
    もっと読む

    2013.12 『企業年金、職業年金の個人所得税の関連問題に関する通知』(以下「『通知』」という)の公布

    2013年12月6日に公布された『通知』は2014年1月1日より施行される。『通知』によると、企業年金及び職業年金に係る個人所得税の関連規定のキーポイントは以下の通りである……
    もっと読む

    2013.11 『消費者権益保護法』が改正、2014 年 3 月 15 日より実施

    2013 年 10 月 25 日、全国人民代表大会常務委員会が『「中華人民共和国消費者権益保護法〉の改正に関する決定』(以下『新法』という)を可決した。新法は 2014 年 3 月 15 日より実施される。今回の人民代表大会常務委員会の改正……
    もっと読む

    2013.11 電子商取引の発展及びそれに関連する安全管理を重要視し、諸新規定を相次ぎ公布

    電子商取引ニーズの飛躍的な発展に応じ、国は電子商取引を奨励、促進する姿勢を示すとともに、電子商取引の安全に関連する規制を更に強化する方針を示している。まず始めに今年、国務院、商務部は関連の新規定を正式に公布し……
    もっと読む

    2013.10 最高裁判所が『最高裁判所による〈中華人民共和国企業破産法〉適用の若干問題に関する規定(二)』を公布

    2013年9月5日、最高裁判所が『最高裁判所による「中華人民共和国企業破産法」適用の若干問題に関する規定(二)』(以下『規定』という)を公布し、2013年9月16日より施行されている。『規定』は合計48条を含み、債務者財産の認定、取消権……
    もっと読む

    2013.9 『商標法』改正案は 2014 年 5 月より施行

    2013 年 8 月 30 日第 12 回全国人民代表大会常務委員会第 4 回会議では、『商標法』の改正案(以下「改正案」という)が可決された。改正案は 2014 年 5 月 1 日より施行される。当該改正案の要点と意義は下記の通り……
    もっと読む

    2013.8 サービス貿易外貨管理改革が9月1日より実施

    国家外貨管理局が公布した「国家外貨管理局のサービス貿易外貨管理法規の公布に関する通知」(滙発[2013]30号、以下「通知」という)によると、サービス貿易外貨管理改革が2013年9月1日より実行され……
    もっと読む

    2013.7 サービス貿易外貨管理改革が9月1日より実施

    国家外貨管理局が公布した「国家外貨管理局のサービス貿易外貨管理法規の公布に関する通知」(滙発[2013]30号、以下「通知」という)によると、サービス貿易外貨管理改革が2013年9……
    もっと読む

    2013.7 海市高級人民法院知的財産権庁が「職務発明創造における発明者又は考案者の奨励、報酬紛争審理指導」を公布

    上海市高級人民法院知的財産権庁は2013年6月末に「職務発明創造における発明者又は考案者の奨励、報酬紛争審理指導」(以下「指導」という)を公布し、上海の関連裁判所の案件審理の参考に供する。「指導」におけ……
    もっと読む

    2013.6 『外債登記管理規則』(以下「規則」という)

    *付注:外債とは、関連の法規によれば、国内機構が非居住者に対して負担する、外貨で表示される債務をいう。「規則」は2013年5月13日から実施されており、その主な内容は以下の通りである……
    もっと読む

    2013.5 『人力資源社会保障部による「労災保険条例」の執行における若干問題に関する意見』(以下、『意見』という)

    2013年4月25日に公布された『意見』では、主に以下の方面において『労災保険条例』の執行についての関連問題を明らかにしてい……
    もっと読む

    2013.5 『中西部地区外国企業投資優位産業目録(2013年改正)』(以下、『2013産業目録』という)

    『2013産業目録』は、2013年6月10日より施行される。『中西部目録(2008年改正)』と比べると、2013産業目録』は、主に以下の特徴があ……
    もっと読む

    2013.4 『「輸出貨物・労務増値税と消費税に関する管理弁法」の関連問題に関する公告』公布

    国家税務総局は「輸出貨物・労務増値税と消費税に関する管理弁法」を完備にするために、『「輸出貨物・労務増値税と消費税に関する管理弁法」の関連問題に関する公告』(以下『公告』という)を公布した。当該『公告』……
    もっと読む

    2013.4 『職業病診断と鑑定管理弁法(改正)』施行

    国家衛生・計画出産委員会が公布た『職業病診断と鑑定管理弁法(改正)』(以下『弁法』という)は、2013年4月10日から施行された。『弁法』は、労働者の利益に傾いている……
    もっと読む

    2013.3 『企業政策性移転の所得税関連問題に関する公告』の発布

    国家税務局は2013年3月12日に『企業政策性移転の所得税関連問題に関する公告』(以下「『公告』」という)を発布し、2012年8月に発布した『〈企業政策性移転に関する所得税管理弁法〉の発布に関する公告』(以下……
    もっと読む

    2013.2 『最高人民裁判所による労働紛争事件の審理にかかる法律適用の若干問題に関する解釈(四)』(以下、『司法解釈四』という)施行

    『司法解釈四』は、2013年2月1日より施行される。競業避止に関する規定は、本司法解釈の目玉であり、主に以下の通り……
    もっと読む

    2013.1 『中華人民共和国労働契約法』の改正案公布

    2012年12月28月、『中華人民共和国労働契約法』の改正案が公布され、2013年7月1日より施行される。当該改正案は、労務派遣業務に対する規制を強化しており、主に以下の内容……
    もっと読む

    2013.1 『自家用自動車製品の修理、交換、返却責任規定』公布

    2012年12月29日、「自家用自動車製品修理、交換、返却責任規定」が公布され、2013年10月1日より施行される。当該規定は、製造業者、販売業者及び修理業者それぞれの義務、「三包」(修理、交換、……
    もっと読む

    2012.12 『北京等8省市における交通運輸業及び一部の現代サービス業の営業税から増値税への転換試験的運用展開に関する通知』(財税[2012]71号)

    2012年8月1日より、営業税から増値税への税制転換の試行対象地域を上海市から北京市、天津市、江蘇省、安徽省、浙江省(寧波を含む)、福建省(アモイ市を含む)、湖北省、広東省(深セン市を含む)の8……
    もっと読む

    2012.11 『欠陥自動車リコール管理条例』2013年1月1日より施行

    2004年に施行された『欠陥自動車リコール管理規定』(以下、『規定』という)は、立法の階層が低くて、欠陥自動車リコールに関する規定が原則的な規定に止まり、罰則も甘い等の問題でよく指摘された。『規定』に代わり来年より施……
    もっと読む

    2012.10 労災保険待遇の個人所得税徴収免除

    『労災従業員の受領した労災待遇の個人所得税政策に関する通知』(財税[2012]40号)は、労災を負った従業員及びその親族が『労災保険条例』に基づき得た労災保険待遇にかかる個人所……
    もっと読む

    2012.10 中国における対外貿易の促進に関する新たな措置

    国務院弁公庁は2012年9月16日付で『対外貿易の安定成長を促進することに関する若干の意見』を公布した。当該意見のポイントは主に以下の通りであ……
    もっと読む

    2012.9 改正後の『国家知識産権局行政復議規程』公布 

    改正後の『国家知識産権局行政復議規程』は、2012年9月1日より施行され……
    もっと読む

    2016.12    《最高人民法院关于审理独立保函纠纷案件若干问题的规定》于2016年12月1日施行

    随着商业交易中担保的频繁利用,与之相关的纠纷也日益增多。此类案件审理中尽管有《担保法》和国际商会《见索即付保函统一规则》等法律、国际规则,但司法实务中……
    阅读更多

    2016.11    《最高人民法院关于人民法院办理财产保全案件若干问题的规定》将于2016年12月1日起施行

    近年来,法院为了解决“老赖”问题,采取了很多措施, 包括 “老赖”信息公示制度、“限高令”等。近日,最高院公布了《关于人民法院办理财产保全案件若干……
    阅读更多

    2016.10   国家税务总局关于完善预约定价安排管理有关事项的公告》将于2016年12月1日实施

    近日,国家税务总局对《国家税务总局关于印发<特别纳税调整实施办法(试行)>的通知》(国税发〔2009〕2号)对预约定价制度及……
    阅读更多

    2016.9   《上海市企业工资支付办法》(2016年修订)已于2016年8月1日起施行

    《工资支付暂行规定》(劳部发[1994]489号)、《劳动部对<工资支付暂行规定>有关问题的补充规定》(劳部发[1995]226号)等对于工资支……
    阅读更多

    法務二部—顧客中心リーガルサービスの提供に取り組んでいます